あぶない!偽造ED治療薬偽造バイアグラの安全性

偽造バイアグラの多くは規定外。中には安全性に問題があるものも。

偽造バイアグラのほとんどは、有効成分(シルデナフィル)の含有量が規定外

対象:2005~2009年に英国で押収された「バイアグラ100mg※」と表示された偽造バイアグラ(316製品)
方法:有効成分やその他の成分の種類・量を高速液体クロマトグラフィーで調べた。

偽造バイアグラには、異物や全く異なる医薬品成分が含まれていることも

海外の調査では、偽造バイアグラには医薬品成分以外の異物が含まれていることや、全く異なる医薬品成分、覚せい剤まで含まれていたこともあり、効果が得られないだけでなく害を及ぼす可能性もあります。

精巧に造られた偽造バイアグラでは、正規品と似せるためにプリンターインクを混ぜることも。

NO!! 偽造ED治療薬

偽造医薬品は危険で大きな問題があります。特にED治療薬は、毎年何百万もの偽造品が差し押さえられています。欧州では250万人もの男性が違法の(偽造の)バイアグラを服用しており、正規品(合法品)とおよそ同数の偽造品(違法品)が流通していると推定されています。
とくに、インターネットで販売されている医薬品の44~90%は偽造品と考えられています。しかしED治療薬を購入する男性の30%以上は、正規の医療システムを介していません。本来ED治療薬は処方せんがないと購入できませんが、処方せんなしで購入している男性もおり、その67%はインターネットで購入しているといわれています。
偽造のED治療薬は直接的・間接的に健康に害を及ぼす可能性があります。直接的には、有効成分が含まれないばかりか有害な成分が入っていることがあります。また間接的な影響としては、EDの合併症(糖尿病や高血圧)を診断・評価する機会が失われることがあります。処方せんなしでED治療薬を購入している男性の65%は実際にEDに罹っていますが、このような方は医療機関を受診する機会を失い、合併症が放置されてしまうのです。

結城クリニック 院長 常松定夫先生

Jackson, G. et al. : Int J Clin Pract 64(4) : 497, 2010[L20100518180]より改変

  • ※日本で承認されているバイアグラの用量は25mg・50mgです。