硬さは男の勲章 調査概要

40歳以上の約6割が性機能の低下を自覚

~全国20歳以上の成人男性7,710人の回答から~

ED(勃起機能の低下)の啓発稼働を実施しているファイザーでは、2009年3月19日(木)から5月31日(日)まで「硬さは男の勲章!」キャンペーンを実施しました。今回のキャンペーンではインターネット上に特設サイトを設け、20歳以上の成人男性を対象に、性生活や勃起機能に関するアンケートへの参加を呼びかけたところ、全国の7,710人に回答いただきました。

調査結果概要

ED(勃起機能の低下)を意識するのは40歳から

40歳以上の約7割が勃起時の硬さに自信がなく、性交時に十分な勃起の硬さが得られずに失敗した経験があることがわかりました。また、勃起時の硬さについて、自己診断の結果、「陰茎は完全に硬く、硬直している」人の割合は、年齢と共に減少することもわかりました。

詳しくは調査結果をご覧ください

永尾光一先生(東邦大学医学部泌尿器科 教授)のコメント

「男性の性機能は、年齢と共に低下していく傾向があり、それに伴ってEDのリスクが高まります。今回の調査からも、40歳以上では6割強の方が「EDかもしれないと思ったことがある」と勃起機能の低下を感じたことがあることが明らかになりました。 EDは疾患の特性上、相談しづらいと考えている方が多い一方で、男性の自信喪失に結びつきやすく、患者さんのQOLに与える影響も少なくありません。しかしながら、EDは誰にでも起こり得る病気で、治療が可能な病気です。医師はEDを医学的な見地から捉え、患者さんの生活をより良くしようという心構えで治療に臨んでいますので、1人で悩まずに医療機関を受診していただきたいと思います。今回の調査に用いた「勃起の硬さスケール」でのグレード1、2はもちろん、グレード3の方でも治療によってグレード4に回復する可能性がありますので、「年のせい」とあきらめずに医師にご相談ください。また、EDには心臓病や糖尿病などの重大な疾患が隠れている場合もありますので、ED治療を契機にこれらの疾患を早期発見し、治療していくことが健康な生活を維持していくために必要なことだと言えます。

嶋 大輔さん(キャンペーン応援団長)のコメント

今回のキャンペーンで、全国から7,710人というたくさんの方が調査に参加してくださったことに驚いています。僕と同じ世代の男性にとって、EDは本当に身近な病気だと思っていますが日頃の生活習慣がEDと関係があるようですから、皆さんも健康管理に気をつけましょう。EDはデリケートな問題ですが、自分ひとりで悩まずに、気になったら早めにお医者さんに相談して、パートナーとよりよい時間を過ごして欲しいと心から願っています。

調査概要

調査目的

日本では現在、40~70 歳の男性の半数以上が何らかの原因でED(勃起機能の低下)になっていると考えられており、潜在的な患者数は1,130 万人に達するとも言われています。この様な背景を受け、日本の成人男性のED 及びED治療に対する意識や、日頃の生活習慣が及ぼす勃起機能への影響などの実態を明らかにしました。

調査内容

  • 調査対象:日本在住の20 歳以上の成人男性
  • サンプル数:合計7,710 サンプル
    (内訳/20代:1,935名、30代:2,304名、40代1,798名、50代966 名 、60歳以上707名)
  • 調査方法:インターネットアンケート調査
  • 設問内容:健康状態や勃起時の硬さなど(全15問)

調査の実施日

2009年3月19日(木)~5月31日(日)