EDの相談-診察の流れ-

EDは多くの男性にみられる病気で、しばしば重大な病気の症状として現れます。一人で悩まず、一度、先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

まず、あなたが以前にかかったことのある病気や、現在かかっている病気、飲んでいる薬、健康状態について医師に話してみましょう。

まずは問診から

恥ずかしがらず、かかりつけ医に率直に相談してみましょう。

EDは、治療できる病気です。恥ずかしい問題でも、相談しにくい問題でもありません。できれば、あなたの身体や生活習慣を理解している、かかりつけ医に相談するのが望ましいでしょう。医師は"ED"を医学的な見地からきちんと病気として捉えています。また、患者さんの生活全般の改善を願っていることはもちろんです。EDとは?先生にどのように相談したらいいかわからなかったら、思いきって「勃起について、心配していることがある」「性生活について相談したい」「ED治療薬について尋ねたい」と言ってみましょう。相談すれば、あなたの悩みも改善されるはずです。また、専門医を紹介してくれるかもしれません。

具体的に、問診では、EDの原因(ストレス、お酒、病気など)について質問がいくつかあるでしょう。問診によって、あなたの悩みを確かめ、原因の手がかりをつかみ、治療方法を確認します。問診票に答えることで、勃起の能力をはかることもできます。このサイトでも実際に病医院で使われている問診票の項目を紹介していますので、まずはご自分でチェックしてみたらいかがでしょうか。

問診後に、ED内服薬が安全に服用できるかどうかの一般的健康診断のための採血と、必要に応じて心電図などの循環器の検査を行う場合もあります。

必要な場合は追加検査も

恥ずかしがらず、かかりつけ医に率直に相談してみましょう。

さらに、EDの原因を十分精査してほしいとの希望があった場合や、ED内服薬が無効だった場合は専門医を紹介してもらい、次のような勃起機能検査を必要に応じて施行します。

夜間陰茎勃起試験
正常では睡眠中のレム睡眠に一致して周期的に勃起が起こっています。これが確認できれば勃起にかかわる神経や血管は正常であるといえます。リジスキャンという専用の測定器を用いて正確に測定する方法と、専用の陰茎バンドを巻いて測定する簡便法があります。
人工勃起試験
陰茎海綿体に細い針で直接勃起を起こさせる薬剤を注射する方法です。
カラードップラー試験
超音波により陰茎血流を測定し、勃起にかかわる動脈系の異常を検出できると言われています。
DICC
造影剤を陰茎海綿体に注入しながら内部の圧力を測定し、一定の圧力を維持するのに必要な注入速度から、流出系の異常の有無を判定し、同時にX線検査で異常な流出路(静脈)を確認します。