あなたなら、どう思いますか?今、女性が望む性生活のかたちとは?5,000人のWebアンケート結果から

解説 東邦大学医学部泌尿器科学講座
 教授 永尾 光一先生

性生活に関して女性はどんなイメージを持っているのかを知るために、首都圏に住む20歳以上を対象に、よりよい性生活に関する意識調査を実施したところ、68.3%の女性が「性生活をより充実させたい」と考えている半面、38.8%の女性が「自分の性生活に関する希望をパートナーに言葉で伝えたことがない」こともわかりました。この調査により、パートナーと良好な関係を築くには、女性の抱える性生活の問題点や男性への願望を知り、女性の立場からも性生活に関して考えることの重要性が浮き彫りにされました。

よりよい性生活実現のために、パートナーに求めるものは何ですか?結果を見る

アンケート結果

最も求めているのは「持続力」

よりよい性生活のために男性パートナーに求める機能的側面について質問したところ、「勃起がより持続する」(48.5%)が最も多く、次いで「陰茎がより硬くなる」(17.3%)、「陰茎がより大きくなる」(10.3%)の順でした。
また、男性によりよい性生活における機能面でのイメージで「陰茎の形状」について質問した調査では、「より陰茎が硬くなる」(54.9%)、「陰茎がより大きくなる」(27.7%)、といった回答結果になりました。
女性も男性も、男性の勃起力に高い関心を寄せています。

よりよい性生活のために
男性パートナーに求める機能的側面
(n= 5,665)

よりよい性生活においての
機能面でのイメージ
(n= 1,000)

永尾光一、石井延久:診療と新薬42(11):
1227,2005(男性のみ)

あなたのパートナーは、バイアグラなどのED治療薬を服用したことがありますか?結果を見る

アンケート結果

多くの女性がED治療薬を使った
パートナーとのセックスを未体験

「男性パートナーがED治療薬を服用したことがあるか」という質問には、「一度も服用したことがない」と答えた人が最も多く、「服用したことがある」と答えたのはごく一部にとどまりました。まだ多くの日本女性が、ED治療薬を服用した男性との性行為を経験していないようです。

(n=5,665)

病医院を受診して、バイアグラなどのED治療薬を服用することは安全だと思いますか?結果を見る

アンケート結果

パートナーがED治療薬を服薬している
女性の約6割が、安全だと考えているようです

前の質問(Report8)で『服用したことがある』と回答した女性166名に『病医院を受診して、ED治療薬を服薬することは安全だと思いますか?』と質問したところ、『はい』が58.4%、『いいえ』が41.6%と、約6割の女性が安全だと考えていることがわかりました。ED治療やED治療薬への正しい知識を身につけ、パートナーと共有することが女性にとっても重要であると考えられます。

(n=166)

パートナーとの「よりよい性生活」で
良好な関係構築を望む女性が多数

以上の調査結果から、多くの女性が「よりよい性生活」の実現を望み、愛を深め、コミュニケーションを深めるためにも、よりよいセックスの重要性を十分に認識していることがわかりました。また、前回実施した男性への意識調査と同様に、女性もまた、「よりよい性生活」には、パートナーとの良好な関係構築が不可欠であるという意見が多くみられました。
しかし、全体の約40%の女性がセックスに関する希望をパートナーに「言葉で一度も伝えたことがない」環境にある実態が浮き彫りにされました。性交痛や一方的なセックスが性生活に悪影響を与えていることもわかり、男性は女性のそのような思いを十分認識する必要があるといえます。
女性がパートナーに求める機能的な面では、男性と同じに「陰茎の硬さと勃起の持続」が上位にあげられています。「性生活の実態」と「よりよい性生活」に関して、男女間で最終的に求めるものは同じという結果が多くみられましたが、前戯時間、後戯時間などで現状と希望に開きがみられました。男女間のよりよいセックスは、お互いの性をよく理解し、お互いの希望を自由に話し合う環境づくりが重要といえそうです。

よりよい性生活」に関する意識調査について

インターネットによって、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に在住する20歳以上の女性で、性的なパートナーを持ちかつ、性交渉の意向がある5,665名を対象に、アンケート形式で行いました。

(永尾光一ほか、日本性機能学会雑誌:
22(3)287,2007)