専門医が説明するED Q&A

パートナーが交通事故で脊髄損傷になり、EDになりました。よい治療法はあるのでしょうか。

脊髄損傷患者さんのED治療薬有効率は7割

脊髄損傷によるEDは、器質性EDですからそれ自体は治るものではありませんが、治療をすれば勃起力を回復できるケースは多数あります。
当院の泌尿器科では、これまで284名の脊髄損傷患者さんにED治療を行ってきました。
以前は、局部に注射を打ったり、バキュームで陰圧にしたり、いずれも面倒な治療法しかなく、患者さんも苦労しました。
しかし、1999年のED治療薬の登場によって、治療薬を飲むだけの簡単な方法になり、ED治療は劇的に変わったと言えます。

これまでに129名の脊髄損傷患者さんにED治療薬を飲んでもらっていますが、薬の有効率は約7割※。器質性EDの中では最もよく効くというデータがあがっています。
患者さんからは「けがをする前と同じようにセックスできるようになった」と大変に喜ばれています。

※中部ろうさい病院泌尿器科調べ

お答えいただいた先生

中部ろうさい病院
泌尿器科 部長

小谷俊一先生