EDの原因前立腺がんや膀胱がん治療の影響

前立腺がんなどのがんの治療に伴う手術がEDの原因となることがあります。

前立腺がんの罹病率は10万人あたり117.9人となっており、60歳ごろから高齢になるにつれて高くなります。(出典:国立がん研究センターがん情報サービス)
初期では排尿に関する症状がないことが多く、がんと判断することが困難です。進行すると、頻尿、排尿困難、血尿、貧血や腰痛がみられることもあります。

こうした前立腺がんのほか、膀胱がん、直腸がんなどに対する摘出手術では、勃起を起こさせる神経や血管が損傷し、EDの原因となることがあります。また、手術をしたことによる本人やパートナーへの精神的影響により、EDを生ずることもあるようです。

EDの原因としてこんなものがあげられます

  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 直腸がん

緩和医療ガイドライン作成委員会編:”8 性機能障害”がん患者の泌尿器症状の緩和に関するガイドライン 2016年版 金原出版株式会社:64,2016

  • セルフチェック
  • 病医院検索
  • ED治療薬のニセモノに注意